社会保障費を大削減すれば増税することなく日本は復活する

マネーニュース
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/09/10(月) 10:57:11.86 ID:u3f0PjkQ0

img_4edcccdb02221bf83dddff00230f9f167857緊急提言 こうすれば財政破綻を回避できる
竹中平蔵・慶応義塾大学教授

いちばん重要な点は、消費税の税収を何に使うかだ。使い道は四つある。(
1)財政赤字を埋める。つまりプライマリーバランス(基礎的財政収支)を回復するために使う。(
2)高齢化に伴う社会保障費の自然増を賄う。
(3)現在の手厚くない福祉を充実させる。(4)法人税引き下げやTPP(環太平洋経済連携協定)対策費など、社会保障以外の政策に使う。

この四つを全部消費税で賄おうとすれば、税率は25~30%になってしまう。これを国民が受け入れるとは思えない。財政再建のためにはまず、増税よりも経済をよくすることに注力すべきだ。2003年から07年の間に、日本のプライマリーバランスの赤字は28兆円から6兆円まで下がった。22兆円の赤字縮小は、消費税に直せば9%分に当たる。これは不良債権処理や郵政民営化などの規制緩和によって経済が活性化した結果だ。

2番目に重要なのが歳出削減。小泉内閣のときに、社会保障費は毎年1兆円増えるところを、8000億円の増加に抑えた。それと同じことをしなければならない。

年収の高い高齢者の年金を削減するなどすれば、削減は可能だ。そして消費税率引き上げの前に、公務員の人件費を2割下げる。そうすれば約5・5兆円、消費税2・5%分が浮く。

http://toyokeizai.net/articles/-/6693

14: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/09/10(月) 11:01:31.73 ID:wjacAa4e0
それができないから困ってるんだろ!


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
社会保障費を大削減すれば増税することなく日本は復活する